スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

三種の神器とマザーボルカークライシス

ny.gif

さて、今週は各国休場が多く鈍い値動きとなりそうであります。

金融規制強化案ボルカー・ルールの発案者でありますボルカー氏は、今回の危機を【Mother Volcker crisis】と表現している。

未だ不安定な相場であります。

欧米のバランスシートの痛み具合は、依然とし厳しいものであるのが真実であります。

ギリシャ問題においてEUであるその他国家のギリシャ救済に関する動向が注目されておりますが、デフォルト危機にある
ギリシャを救済すると言う事は、当然ツケをどこかの国が被ると言うことであり、それはユーロに現れて来る事となる。

最近とある個人投資家の方が言っておりましたが、

今、政治において『労働なき富』との表現で話題を呼んでいるのだが、上記のような津波がいつ襲ってくるか解らない状況でのポジション形成は、非常にリスクが高いのが現状であり労働した方がよっぽど楽であると・・・

そもそも労働できる場所が確保できれば・・・

上記、意見は現在の相場を張っている方なら理解できるのではないでしょうか?


証券優遇税制の見直しなども『労働なき富』『格差社会』の点を背景に様々な動きがあるようです。

金融規制強化と金融引締。

中国は、北朝鮮に莫大な資金を投資。

完全に中国筆頭の世界へと進んでいる事を裏付ける出来事である。

リスクマネーの行き着くところはどこであろうか。

                                   カオス

スポンサーサイト

2010.02.15 | 未分類

三種の神器とポルトガル

p.jpg


x.jpg

さて、今週も様々な様相となった市場であります。

ギリシャに引き続き、ポルトガルへと信用不安が拡大し投資家心理が悪化してきております。


市場は、グローバルに信用と言うカタチで繋がっている訳であり、最も市場が敏感になることこそが、信用不安である事を再認識する欧州の問題であろうかと思います。

チャート的には、アノマリーや格言通り「節分天井」を意識させる動きが強く出ていたように感じます。

米国のトヨタ外しとも取れる、リコール問題や制裁検討などから、米国は自国の販売数を拡大するためならば、ためらわず何でもする国であり、また、日本との外交が上手くいっていない事を表しているのではないでしょうか。

失業者を救済するため、雇用の捻出のため、やはり自動車の販売数を拡大する事が必要であると考えているのかもしれませんね。

市場は、売りバイアスが高まり外国人の売買動向からも、個人投資家が受け皿となっている事が解ると思います。


今晩は、米雇用統計の発表。

週末にはG7とポジションが取りにくい事も本日の小動きへと繋がりました。


今週もお疲れ様でした。

追記:三種の神器投資法は、今月に入りやや難しい地合いとなっております。
 
   しかしながらこのような地合いこそ【ロスカットの重要性】を学ぶに相応しいと考えます。

   【積小偉大】徹底して参ります。

  

                               カオス

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2010.02.05 | 未分類

«  | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

ダイソー225

Author:ダイソー225
ダイソー225です。
225先物、相場観など色々と更新していきます。

当ブログは投資勧誘するものではありません。
投資の決定はご自身の判断と責任でなされますようお願いします。



投資家素質分析はZIPANG HD




リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら 
by オートリンクネット

[PR]ZIPANG HD 


にほんブログ村 先物取引ブログ 先物初心者へ
にほんブログ村

Sponsored Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。